FIS世界ノルディック大会

2007年03月02日 22:38

今夜は、宮の森ジャンプ台へ
ジャンプ個人予選を見てきました。

宮の森ジャンプ競技場


月が近くに見えて、さすが山の夜は寒い。
札幌の田園調布住宅街を抜けて、無料送迎バスは
山の中腹で、降ろされます。
競技場まで徒歩約5分。結構キツイ。
宮の森に入ると、道路にびっちりおまわりさんが立って
警備していました。寒いのに、ご苦労さまです。


50名の選手が明日の本選出場を目指し、
1回だけ飛びました。
日本人選手は、伊藤大貴、岡部孝信、伊藤謙司郎(下川商高)、葛西紀明の4名出場
(各国4名まで出場可)
14名のフィンランドの選手やら国際大会上位ランキングの選手は
予選を飛ぶことなく、本選に出場することができます。

今日は、当たりがよかった。。。
雪印からゴダーチーズ
札幌市から、応援ホイッスル
もらいましたよ。


大会が始まる前、観客をあちこちカメラが映してて、
大きなモニターで見えるのです。
ゆーたと私がモニターに映り、もちろん手を振りましたよ~
そのモニターの画像がきれいなこと!!
今の技術ってすごいんですねぇ。。。

そんなこんなで、ジャンプより、周りのスタッフの多さと
美味しそうな『フカヒレ豚まん』美味しそうだったってこと
初めて見た夜のジャンプ台がとってもキレイだったこと
感動しました。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lasoleil.blog45.fc2.com/tb.php/78-d18bbde7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事