親離れ・子離れ

2015年09月19日 10:20

骨折で凹んでいる中、この春大学に入学したばかりのゆーたが、

大学を辞める

と、言い出した。
折れた足に鞭打たれた気分だった。

かねてより、旅に行くとは言っていたけれども、
学校の休みの間に行くものと思っていた。

だけど、彼の中では、旅をしながら、自分探していきたい。

リーマンショックの影響が少しずつ緩和されて、就職率も上がりつつあるとはいえ、
まだまだ大卒の方が、選択肢も増えるだろうし、
給料だって高卒とは違う。

現実は厳しい。


こんなとき、男親がいれば、相談にものってもらったりできるんだろうなぁと思いつつ、
今までの、ゆーたに対する自分の育て方に、あ~すればよかった、こ~すればよかったと、
ここのところ後悔ばかりしてた。


親にとっては、いつまでも子供は子供。

だけど、心配より信頼してあげよう。


「厳しいことの覚悟はできてるの?」と聞いたら、
「覚悟してる」と。


我が家の雛が巣を育つ日が来たようです。



スポンサーサイト


コメント

  1. しゅな | URL | -

    こ~ちゃん

    ありがとうございます(*^-^*)
    そうですよね、何が正解か分からないし、押し付けるわけもいかず・・・自分のことならなんとかなると思うのだけどね。
    悶々としてました。

    カナダまで行ってくれれば納得もするんですけどね、まず行きたいところがなぜか・・・長野。。。
    温泉掘り当てて来てくれと言いました(笑)
    結局、退学届け出すことになりました。

  2. こ〜ちゃん | URL | 1LgdlyEs

    私の甥っ子は

    大学3年の時にカナダに旅に出て結果、留年する事になりました。休学すると言う手もあると思います。その後、甥っ子は無事に就職も決まり、来春1年遅れで卒業します。

    普通に学校を卒業して就職して、、が一番の正解とは言えないけど、ゆーた君にとって納得いく選択でありますように!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lasoleil.blog45.fc2.com/tb.php/641-6bbaa532
この記事へのトラックバック


最近の記事