--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かみさまとの約束』

2014年08月24日 19:08

自主上映『かみさまとの約束』を観てきました。

予告編


子どもたちが
「胎内記憶」・・お母さんのおなかの中にいる頃の記憶
「前世記憶」・・前世に生きてた頃の記憶
「中間世記憶」・・お母さんのおなかの中にくる前の記憶
それぞれの記憶を持っていることがあります。

その記憶を話してもらい、子育てや自分との対話を考えさせられる映画です。

自分の使命は何?とよく自問自答しますが、
生まれてくるときは、「誰か(親・兄弟・他)の役に立つため」がほとんどだそう。
そうして、子どもたちは、お母さんを自分で選んで生まれてきます。

かみさまと一緒にテレビを見て、この女性の子になりたいとお願いしてこの世に生まれてくるのです。

私もゆーたがまだ3才のときに、「お母さんのおなかの中にいたとき、何してたの?」と聞いてみました。
ゆーたは、
「寝てたの。真っ暗だったよ。」と。

出産のとき、ゆっくりした陣痛で、なかなか出てきてくれなかったので
先生も「おなかの中が気持ちいいのねぇ(笑)」と言ってました。


この映画を観てたら、もっといろんなこと聞いてみたかったなぁと思いました。
ゆーたが私を選んだ理由、かみさまのテレビには私はどんなふうに映っていたのでしょうね(笑)

それと同時に、私も誰かの役にたつために生まれてきているわけです。

「中間生記憶」がおもしろかったです。
自殺したり、人を殺した人は、自ら『反省部屋』に入って、きちんと自分を悔い改めるのだそうです。
前世で、できなかったことを、今世でやろうとするので「・・・しなければならない」という想いにかられるのでしょうね。


この映画は自主上映なので、コンスタントにどこかの映画館で上映されているというものではありません。
次回札幌では、9月7日教育文化会館にて。

お子様がいてもいなくても、もうすっかり大きくなった方も、
是非自分のために観て欲しいです。

かみさまとの約束 公式ホームページ 
224_100.jpg






スポンサーサイト


コメント

  1. シュナ母 | URL | -

    なおさん

    是非是非観てください。
    さえちんが言うこと正しいと思いますキッパリ( `ー´)ノ
    あ・・・ネタバレ注意だから、ここでバラすの止めておきますね(笑)
    やっぱり基本「パパ」より「ママ」を助けるために生まれてきてるんだと思います。
    「ママ」を助けることは「パパ」を助けることにも繋がっているように思います。
    男の人にも是非観てほしい映画です。ぜひご一緒に♪♡
    そして、感想語り合いましょう^^

  2. なお | URL | -

    映画見たい…

    不思議だけど納得できる話で、うちの娘はママを支えるためにママを選んだって言いきります
    くだらないけど娘がお腹の中にいた時、いつもおしゃべりしていて「キック!」「パンチ!」と声をかけると お腹の中から反応が(^-^)
    いつもこれで逆子になってないかチェックしてましたよ!
    病院で検査するとそのとおりの結果でした♪

  3. シュナ母 | URL | -

    なずなさん

    なずなさんも聞いたことあるんですね。栄養を貰ってることちゃんと分かっていたんですね^^

    今じゃ、こんにゃろ!【`・ω・´】=зて思うこと度々ですが、この映画観ながら、
    あの頃の子育て思い出すと、もう少し片目つぶってもいいのかなぁと思ってしまいました。

  4. なずな | URL | KhLNnbME

    No title

    私も坊が3歳のときにしゅなさんと同じ質問したことあります。
    うちの坊は「ママの血を飲んでねんねしてた」って言ってたわ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lasoleil.blog45.fc2.com/tb.php/567-e1d956de
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。