天変地異

2006年11月16日 00:42

http://kibanamano.net/

今日もリンクから始まります。


最近、地震多くなったと思いませんか?
地震といい、竜巻といい、津波といい、
温暖化といい・・・・

天災による被害が多くなりつつあるような気がします。


地軸の傾きがずれてきているとかいう節もあるし。


そんななか、上記のブログを発見しました。
木花咲耶姫から、神示を受けた木花万乃さんという方が
書かれているブログです。

木花咲耶姫というのは、古事記に出てくる神様の奥様というところの女性で、
大山祇神(おおやまづみのかみ)という日本全国の山を管理する総責任者の娘であり、
海幸彦・山幸彦の母君で、神武天皇のひいおばあさんにあたります。
海幸彦・山幸彦を産んだとき、火で燃えている部屋の中にいたという
言い伝えもあります。

そのような姫命から、神示を授かるとは、木花万乃さんもすごい人なのでしょう。
思わず読みふけってしまいましたが、
やはり、来年以降2012年には何かある!って感じがします。

昔、ノストラダムスが1999年に世界が沈没するっていう
予言を出してましたが、
彼は、2000年以降の予言も出していたそうだから、
沈没するっていう訳をした人が間違っていたのかもしれません。


木花咲耶姫が言うには、みんなが浄化をして
神様を奉り、行いを改めると、災いが鎮火していくという。

今年は膿を出している年だそう。
確かに、いやな話しや事件が多すぎる。


このブログ(神示?)を読んでいると、日本が神の国だというのが
なんとなく、いろんな状況から、繋がっているような気がしてきます。
(私が感化されやすいってのもありで・・・(^ ^;Δ ))

とにかく、無事に過ごすことができるよう、
私ができることは何かを考えたいと思ったのでした。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lasoleil.blog45.fc2.com/tb.php/53-3faf8fff
    この記事へのトラックバック

    大山祇神について

    大山祇神オオヤマツミ(大山積神、大山津見神、大山祇神)は、日本神話に登場する神。別名 和多志大神、酒解神。神産みにおいてイザナギとイザナミとの間に生まれた。古事記、日本書紀によればカグツチをイザナギが切り殺した時生まれたと書かれている。オオヤマツミ自身に



    最近の記事