--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回復傾向です

2008年06月14日 17:47

先々週5/29の朝のシュナ父の散歩中、
シュナが急に倒れました。

綱が足にひっかかって転んだとばっかり思ってたシュナ父は、
シュナを抱き上げて帰ってきたのですが、
廊下でシュナを下したところ、ヨロヨロと立てずにまた転んだそうです。

家に帰ってきて「おかん!起きろ!おかん!起きろ!」と言われ、
何事かと起きてみたら、
シュナの目が、左右に振れてます。
首が、左に寄ってて、まっすぐにならず
ぐったりとシュナ父の腕の中に、横たわっています。

「シュナ~、目を閉じて寝ていいよ」と言ったつもりが、
シュナ父は
「シュナ逝っていいよ」と聞こえたらしく、((爆))
シュナ父号泣。。。


ちょうど、その日は、私も仕事を休みを取っていたときで、
朝一で病院に連れていったところ、
老犬性前庭障害か、脳腫瘍か・・・

前庭障害でしたら、治ります。
脳腫瘍だったら・・・と先生の話しを聞きましたが、
シュナがこのまま、ダメになるはずはない!と信じてました。

木曜・金曜と2日間、昼間だけ病院で預かってもらい
点滴治療を受けました。

その結果、昨日より今日、今日より明日というふうに、
シュナのヨレヨレがなくなってきました。

血液検査の異常はなく。
無いと言っても、癌でも異常が出ない場合もあるそうで、
経過を見るしかないでしょうとのことでしたが、
それでも生きていてくれて、ご飯食べてくれてるので
ホントに良かった。


もう8月で13歳。
いつどうなっても、おかしくない。覚悟も必要だと。


家の中で、小走りができるようになってきました。
ソファにも上がれるようになりました。
まだ、ふらつき多少あるけど、良かったです。

-------------------------------
前庭障害
内耳の三半規管のバランスが崩れて出る障害。

突発性と、中枢性の2種類があるようですが、
前者は、治る(後遺症残る場合もあるが)
眼振が、左右に振れることが多い。
老犬性であることが多い。
後者は、腫瘍などに関わってることが多い。
眼振が、垂直に振れることが多い。
スポンサーサイト


コメント

  1. シュナ母 | URL | -

    pinaちゃん

    うん、ホッとしました~(T^T)/
    シュナの眼振が見えてなかったシュナ父は、脱臼したんだと
    思ってたらしいのですが、
    眼がワイパーのごとく振れてたのを見えてる私の方がびっくり。
    でも、後遺症なのか、トイレでシッコできないみたいで、
    あちこちで・・・orz・・なのです。

  2. pina | URL | /oW94QS.

    心配でしたね

    シュナはもうすぐ13歳なんですね。
    元気回復して良かったです。
    シュナにはいつまでも元気でいてほしいなぁ

    シュナ父、号泣のエピソードが
    とってもらぶりーです(^-^)



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lasoleil.blog45.fc2.com/tb.php/158-8391349e
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。