恵みの雨

2010年07月24日 22:07

ここんところ、毎週末朝から晩まで野球三昧で、
平日の仕事もあって、心身ともに疲れがピーク。


うちのリーグは、試合で当番にあたると
母は、ウグイス嬢をしなければならず、


このウグイス嬢は、
ふたりひと組で行うわけですが、

野球場でよく聞くアナウンスです。

試合開始のアナウンスに始まり、
「1番、ピッチャー、ダルビッシュくん、背番号11」など選手の紹介、
打席、シート変更、選手交代、打者・走者変更、ファールボウルの注意、
終了時などなどをアナウンスする、アレです。


試合の進行となるアナウンスは、結構重要で、
名前や学校名も紹介するので、間違えた紹介をしたら、選手の士気にも関わってくるのです。



私は、ほとんど黒子で、アナウンスのセリフを隣で小声でささやき、
それをそっくりそのままアナウンス担当の母がしゃべります。

大きな試合が立て続け2週に渡って行われたので、
本部席には、おエラいさんが、いっぱいいて、間違えたら怒鳴られるわで、緊張感てんこ盛り状態


「試合開始時刻は・・・」と言ったつもりだったんだけど、
アナウンスさんが、
「試合の開始時間は・・・」と言ってたらしい。


「時間と時刻は違うんだ。時間は点から点の長さ、時刻は点なんだ。」とチェックが入ってしまった。


日本語って難しいね~


そして、今日もウグイス予定だったのが、恵みの雨~~~~
やっと休めました。


先日、健康診断があったんだけど、
ちょっとショックな結果が届いた。

「要経過観察」が4つも付いてしまったぁぁ

●白血球が基準値より、全然少ない
 ⇒ウィルスなどの細菌からの感染症を起こしやすい?!
  再生不良性貧血(白血病)
●肝血管腫
 ⇒肝臓にできる腫瘍。良性なものが多い。経過観察
●肝のう胞
 ⇒肝臓に液体の入った袋ができる病気
●腎石灰沈着
 ⇒尿管結石2回もやってるからなぁ。。。


少し休まないとね。

Image120.jpg

↑グラウンドの白樺の木に付いてたセミの抜け殻
スポンサーサイト

認める、認められるということ

2010年07月04日 21:51

うちの会社に委託している大元の会社があるわけですが、
とくに、うちの課と繋がりの深い課は、
ものすごく厳しく、ネチっこいことで有名なんですが、
中でもビシビシ取り仕切ってる女課長がいるわけですよ。

うちの課長も女課長なんですが、
その大元の女課長をものすご~~~く忌み嫌ってるんですねぇ。。。


私としては、理不尽な厳しさではなく、
きちんと理にかなってるモノ言いをするその大元の会社の課長って、
すごく潔くって嫌いじゃない。

うちの女課長の方が、爪の垢煎じて飲んでもらいたいくらいな感じ。


そんな大元の課との仕事が入ってきて、
部長から「女史(大元の課長)がシュナ母さんにやってもらってくれとご指名だよ」と。


シュナ母「え?うちの課長宛てじゃなくって、私ですか?」(゚Д゚ )

部長「そうなんだよ。私と課長でやるはずなんだけど、女史からシュナ母さんをって言われてね。
頼むよ。」


おぉ~やりますとも


頑張れば、認めてくれる人がいた。
俄然、やってやろうじゃないの!って、力湧いてきます。


そんなことが、今の、中2のゆーたにも言えるのですが、
来月の中旬に、3年生の試合が全て終わります。


終わりと同時に、新人戦が始まるわけで、
次の世代を担っていかなければなりません。

ゆーたは、チームの仲間を引っ張っていくタイプじゃないし、
今この反抗期の中、子供の世界の中の考えとか
葛藤とかあるだろうと思います。


だけど、大人がその反抗を全否定するのではなく、
見守って、認めることをしてあげれば、
きっと、いいチームを築いていく1つのパワーになれるはずと思っています。


頑張れ反抗期世代!



最近の記事