海老蔵さんに思ふ

2017年06月27日 07:11

海老蔵さんが、一生分泣きましたと、立派な会見を開かれていましたが、
私は一切見ませんでした。

海老蔵さん、ステキな男性になりましたね。
結婚当初は、日本の芸能の人は、みんなこうなのか?という鑑のような人でしたが、
麻央さんのおかげなのでしょう。

私もシュナ父を、6年前にスキルス癌で亡くし、
同じ癌患者経験を持つ家族として、とても共感できることがたくさんありました。

家族があれば、それぞれに、いろいろな状況があるのですが、
癌と闘った家族にしかわからないのだろうなぁ。

海老蔵さん、やつれて目もくぼんでました。
6年前の私はどうだったんだろう?
たぶん、海老蔵さんほどではなかったと思うし、一生分も泣いていないと思う。

もし、シュナ父ではなく、私が癌で亡くなってたら、
シュナ父の方が、やつれて泣いていたと思う。

女と男の違いなのか。
愛情の深さの違いなのか。

未亡人になった人を、バツ1ならぬ、没1っていうのだそう(笑)


小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

法事

2017年04月15日 20:04

シュナ父の七回忌無事終わりました。

夫が亡くなりまる6年が経とうとしています。
あっというま。
ついこの間のことのよう。

あちこちで引き出物を頼んでいたので、前日仕事終わってからでは、
お店の閉店までに、引き取りに間に合わないわ~~~~
しかもデカいものだし、量も多いし・・・ってことで、
急遽仕事を午後休もらって良かった。

買い物の途中、癒してもらおうとペットショップに寄ったら、
なんとなんと、イケメンのシュナウザーがいるではないですか。。。
う~~~~お連れして帰ってきたかった~~~~

20170415-1.jpg


写真だけ撮らせてもらって、この週末すぐおうちが決まっちゃっているんだろうな。


家に帰ったら、珍しく家にいたゆーたが、なぜかケーキを焼いていた。
てっきり、今日の法事のお供え用かと思ってたのですが、
シュナ父、甘いもの嫌いだし・・・
じーちゃん、ばーちゃん用か?と思ってたら・・・

彼女用だった・・・

ちなみに、誕生日ではないらしい。

まっ、いいけど・・・・。彼女を大事にしてあげてちょーだい。

20170415-2.jpg 20170415-3.jpg


次は、13回忌・・・そのときには、今日集まったメンバー欠けてる人もいるかもしれないけど・・・って、お姑さんが
確かに、増えてる人もいるだろうから、±0かもね。





HappyValentine'sDay

2016年02月14日 21:01

本日、バレンタインデー&シュナ父52ndバースデイ。

恒例の、ふたり(?)で、いつものギネスビールで乾杯しました。

前日まで、さらに会社で3人の女子からチョコをいただき、漢(おとこ)力アップ中の私です。

ひさびさにまったりした休日は、
お気に入りのりたる珈琲のアロマブレンドを淹れて、ちょこっとだけチョコをいただきました。
食べるの勿体な~~~~いので、冷蔵庫で眠ってます。
どうもありがとうございます。

20160214-1.jpg


ところで・・・スーパーフードが流行ってますけど、
タイガーナッツって、ご存じですか?

ナッツと呼ぶけれど、その実態はカヤツリグサという塊茎。
食物繊維とビタミンE、ミネラルが豊富なのです。

20160214-2.jpg


これは皮がついているタイプなので、ちょっと硬いですが、甘味があって、食べ応えあります。
最近、ちょっと健康オタク。

半世紀越え

2016年02月07日 10:38

先日、50th誕生日を迎えました。

『アラフォー』というコトバが出てきた頃、ちょうどその年齢だったわけですが、
『アラフィフ』ならぬ、ジャスト『フィフティ』

そこそこの苦労はありましたが、
喉元過ぎれば、周りの人に恵まれ、幸せで、運良い人生を過ごしてきたと思います。

この人生を楽しみます。


↓ゆーたからの誕生日プレゼント
ハーゲンダッツの抹茶アイスと、Uchicaffeロールケーキ

いつもメモに書いたメッセージと一緒にくれるのですが、今年はメール。
メモは、毎年冷蔵庫に貼って残しているのですが、メールは・・・スマホに永久保存。

20160202-1.jpg 20160202-2.jpg

親離れ・子離れ

2015年09月19日 10:20

骨折で凹んでいる中、この春大学に入学したばかりのゆーたが、

大学を辞める

と、言い出した。
折れた足に鞭打たれた気分だった。

かねてより、旅に行くとは言っていたけれども、
学校の休みの間に行くものと思っていた。

だけど、彼の中では、旅をしながら、自分探していきたい。

リーマンショックの影響が少しずつ緩和されて、就職率も上がりつつあるとはいえ、
まだまだ大卒の方が、選択肢も増えるだろうし、
給料だって高卒とは違う。

現実は厳しい。


こんなとき、男親がいれば、相談にものってもらったりできるんだろうなぁと思いつつ、
今までの、ゆーたに対する自分の育て方に、あ~すればよかった、こ~すればよかったと、
ここのところ後悔ばかりしてた。


親にとっては、いつまでも子供は子供。

だけど、心配より信頼してあげよう。


「厳しいことの覚悟はできてるの?」と聞いたら、
「覚悟してる」と。


我が家の雛が巣を育つ日が来たようです。





最近の記事