FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカ その3

2018年05月06日 19:00

スリランカ2日目 日曜

車で約10分 シギリヤロックに着く
既に、結構車が停まっている。
観光地だけれど、お参りのためにふつうにスリランカの人もお坊さんも日曜に登る人が多いらしい。
だから日曜は一番混雑しているのだそう。

突如、電柱のスピーカーから音楽が流れてきた。
マードゥさんが金縛りにあったかのように無言になり立っている。
えっ、何?何?
日曜9時に国家が流れたせいだった。 なるほど~~~。


写真で見てたのと一緒!
2017-sli2-3.jpg

蟻塚初めて見た。
2017-sli2-2.jpg

お城の周りは敵が入りづらいように、池で囲まれているのは日本と同じ?
ロックに向かって左右はシンメトリーになっていて、灌漑システムが充実していたようだ。

2017-sli2-1.jpg
2017-sli2-5.jpg 2017-sli2-6.jpg



シギリヤロックどんどん進みます。結構急な階段で、鉄柵もゆるい感じで足がすくみます。
ふくよかな外国人とすれ違うときは、落ちそうで怖い~~~~
ガイドさんに撮ってもらった写真の私は、すべて同じポーズだった。
人がいない時を狙って撮ってくれたのだけど、ホントは結構観光客います。

2017-sli-2-9.jpg 2017-sli2-7.jpg

2017-sli2-10.jpg 2017-sli2-11.jpg

2017-sli2-13.jpg 2017-sli2-12.jpg


火山地帯ではないスリランカなので、島ができたときに隆起した山というところはすべて岩。
このシギリヤロックの歴史云々は割愛しますが、500人もの奥さんに囲まれた王様のたった11年しか使われなかったお城。

奥さんが描かれてたと思われる壁画の一部
当時は500人すべての奥さんが描かれていたらしい。絵が残っているところもあったのだけど、撮影禁止になっていた。

2017-sli2-8.jpg



王様が寝起きしてた場所や、政治を行っていた部屋などなど、
やっぱりあったかいところだからこそできたことよねぇ。。。と寒冷地育ちの私は思ったのでした(笑)

スポンサーサイト

スリランカ その2

2018年05月06日 18:34

スリランカは、首都コロンビアにあるパンダラナイケ空港に着くと、
ガイドのマードゥさんが待っててくれた。

車は、プリウスの新しめな車。
道路を走る車も、日本車が多く、燃費が良いので人気らしい。
たまに、プジョーやベンツが走ってて、スリランカの富裕層だそう。

さて、これから2日目のシギリヤロックへ登るため、車で約4時間走る。
道路は思ったよりも整備されてて、デコボコじゃない。
大きな街は片道2車線だけど、ほとんど1車線。
犬がゴロゴロ寝転んでる。

大きな街以外は、信号が無い!変な交差点がたくさんあって、どんどん行かないと、気が小さい人はいつまでたっても
交差点をくぐり抜けることができない。

トゥクトゥクという3輪車が家庭に1~2台あって、だいたい60万円くらいで買えるらしい。
雪が降らないから、いいよね。


ホテルに22時すぎ着。
1泊目は、寝るだけだから、シギリヤロックに近い場所で。
スリランカのホテルは、シャンプーや石鹸はアメニティにあるのだけど、トリートメントが無いので持参した方が良いです。

ホテルエデンガーデン
庭を囲んでロッジのような部屋がある。

ウェルカムドリンクは、フレッシュマンゴージュース。濃いぃぃぃぃくて、美味しい。
ホテルのおにーさんが、ライブ開いてるから遊びにおいでと言ってくれたけど、
飛行機と車に揺られ、もう寝ますとすぐ部屋へ案内してもらった。

部屋のドアを締めてびっくり!
サルに注意(笑)
2017-sli1-4.jpg

しかも、デカい見たことがない逃げ足の速いクモが・・・・((((;゚Д゚)))))))

とりあえずシャワー浴びて寝よ・・・
シャワーブースは、電気なくて暗い ・((((;゚Д゚)))))))
2017-sli1-2.jpg 2017-sli1-3.jpg

お湯じゃなくて、ほぼ水。北海道だったら風邪ひく~~~(笑

ベッドはキレイに整えられてます。
2017-sli1-1-.jpg

ベッドにすぐ潜り込み・・・・外がライブで盛り上がってて、うるさいのと、疲れすぎてるので寝られない。
テレビを付けると、シンハラ語のニュースでチンプンカンプン
だけど、スリランカのお祭りで活躍してたゾウさんが亡くなったらしい。。。というニュアンス(笑)
北海道でいえば、円山動物園のキリンが亡くなったニュースと同じ感じか?

翌朝、ライブが開かれてた場所で、ビュッフェ形式の朝食。
カレーかと思いきや、結構パン・野菜系が多い。

ガヤガヤと旅行者が集まってきたが、結構ガタイの良い東南アジア系のオッサン(?)ばかりに囲まれ、
ひとり日本人の私に、視線集中されコワくて、さっさと朝食を済ませた。

ガイドのマードゥさんが迎えに来てくれて、いざ今回の目的のひとつスリランカの世界遺産シギリヤロック



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。